病院医療法人社団たかし会 尾鍋外科病院は中国四国厚生局長の指定を受けた保健医療機関です。

病院医療法人社団たかし会
尾鍋外科病院

〒730-0042 広島県広島市中区国泰寺町1丁目9-12

TEL/082-243-3711
診療受付時間
AM9:00~13:00 / PM14:00~17:30
土曜日午後、日曜日・祝日休診

病院の紹介

 

病院長のあいさつ


病院長:福田 康彦

当院は昭和51年に救急病院として開設され、40年間地域医療に貢献して参りましたが、社会情勢の急速な変化に対応して当院の医療内容も大きく変わってきました。とくに高齢患者さんの増加に対してはさまざまな取り組みをしてまいりました。

病院の現場を毎日診ていますと、わが国の高齢化に伴ういろいろな問題を考えさせられますが、中でも長期入院療養を余儀なくされた高齢の方々への治療・介護は病気の完治は望めない中での医療という難しい問題があります。わたしたちは「患者さんへの尊厳にもとづく医療」を理念の第一にかかげていますが、医療者として当然のこころがけではありますが、高齢者が多くなる社会ではえてしてそれが失われがちになります。当院の職員たちはたとえ言葉が出ない患者さんや意識のない患者さんたちにも適切な医療と優しい言葉かけを行っています。

当院は長期呼吸器管理や血液透析を必要とする重症の患者さんたちを積極的に受け入れていますので、医師、看護師、介護士、薬剤技師、理学療法士、栄養士など多くの専門職の方々が力を合わせて医療・看護を行うことが必要になります。この数年有望な職員が増え、広島大学病院の先生方も毎日診療援助に来てくれていますので、良い医療ができる環境が十分に整っています。また、社会福祉士を中心とした地域医療連携室は他の病院・介護施設などとの交流を積極的に行い、地域に密着した医療も実践しています。

今後は病床の一部を回復期、急性期的な患者さんにも利用していただき、リハビリなど退院に向けた医療も提供できる環境を整え、外来医療も充実したいと考えています。41年目を迎えた節目の年に、今後ますます社会と市民に必要とされる病院づくりに邁進する所存でございますので、皆様のご支援をよろしくお願い致します。

(平成29年4月 院長 福田康彦)

病院長略歴

  • 昭和43年  広島大学医学部卒業
  • 昭和54年  米国ペンシルベニア大学留学
  • 平成3年  広島大学医学部助教授(外科)
  • 平成8年  県立広島病院一般外科部長
  • 平成12年 広島大学医学部臨床教授
  • 平成14年 県立広島病院救命救急センター長兼務
  • 平成15年 県立広島病院副院長兼務
  • 平成18年 県立広島病院腎臓総合医療センター長兼務
  • 平成21年 JA広島総合病院院長
  • 平成24年 JA広島総合病院名誉院長、特別顧問
  • 平成24年11月 医療法人社団たかし会尾鍋外科病院院長
  • 平成29年4月  医療法人社団たかし会理事長

専門領域

  • 消化器外科
  • 臓器移植
  • 血管外科

指導医等

  • 医学博士
  • 日本外科学会指導医
  • 日本透析医学会指導医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本消化器がん治療認定医
  • 日本乳がん学会認定医
  • 日本移植学会認定医

著書

  • 「腎移植の知識」
  • 「新輸血学」
  • 「HLAハンドブック」ほか

副院長あいさつ


副院長:眞田 修

当院は開院以来、38年近くにわたって、地域の一次・二次救急医療に対して積極的な役割を果たすとともに、県内全域のみならず他府県の中核的な基幹病院での急性期治療が終わり、その後も人工呼吸器管理、血液透析管理、栄養管理、感染管理をはじめとした全身管理を必要とされている重症患者様を多数ご紹介いただき、集中的な治療の継続にあたっております。

今後、リハビリ機能の充実、救急コントロール支援病院、がん医療ネットワークへの参加、緩和ケアをはじめとして、地域医療へ果たす役割をより強固なものへとしていきたいと考えております。

略歴等

S61年:広島大学医学部卒業

広島大学医学部第2外科、中国労災病院外科、国立循環器病センター実験治療外科、土谷総合病院外科医長、県立広島病院外科医長・人工腎臓センター医長等を経て現在に至る。

  • 医学博士
  • 日本外科学会認定医・専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本透析医学会専門医・指導医

スタッフ紹介

医 局

 透析室顧問 大久保 孝

 

   

    OKUBO TAKASHI

  診療分野    外科一般 腎臓透析外科

    昭和49年  広島大学医学部 卒業

   医学博士 

 

 外科部長 繁田 直史

 

    

   SHIGETA NAOFUMI

  診療分野     外科一般 腎臓透析外科

    昭和62年 鳥取大学医学部 卒業

   医学博士 

    日本外科学会認定医 日本外科学会外科専門医 

    日本透析医学会認定医 透析医学会指導医 

    日本消化器外科学会認定医 日本外科学会外科専門医 

    日本消化器外科学会消化器がん治療認定医

 

内科部長 村上 学 

  

    MURAKAMI GAKU

  診療分野   内科一般 循環器内科

   平成10年 関西医科大学医学部 卒業 

   ㈳日本内科学会認定医 

   回復期リハビリテーション病棟専従医師研修会修了 

   広島がんのリハビリテーション研修会修了

 

看護部

総看護師長 西内 禮子


 

日々の看護業務の中で大切にしている事は患者さんが療養しやすい環境を整え、看護・ケアーの心が届くようにみんなが楽しく働ける職場作りを心がけています。

その為に皆で協力しあい、お互いの気持ちを理解しながら思いやる心を大切にしています。
尾鍋外科が目指す医療、ケアーを多方面からの指導を受けながら頑張っています。                                        

事務局

事務長 川本 健二


病院には、いろいろな方がおられます。

患者さま、ご家族をはじめ職員である医師、看護師、薬剤師・・・。
立場が違えば考えも違います。
できるだけ一人ひとりの思いを理解し、患者さま、ご家族には安心して医療を受けていただけるように、職員には楽しく働いて最良の医療が行えるように、日々駆け回っています。

 

病院概要

名称 医療法人社団たかし会 尾鍋外科病院
所在地 〒730-0042 広島市中区国泰寺町1丁目9-12
電話番号 082-243-3711
ファックス番号 082-249-5733
開設者 医療法人社団たかし会 理事長 福田 康彦
管理者 病院長 福田 康彦
開設年月日 昭和50年4月
病床数 一般病床:50床 療養病床:60床
診療科目 外科:腎臓・透析外科:消化器外科・肛門外科・血管外科・腫瘍外科・臓器移植外科:皮膚科
休診日 土曜午後・日曜・祝祭日・4/2(創立記念日)・8/14、8/15、8/16・年末年始(12/30~1/3)
用地面積 722,32平方メートル
建設構造 鉄筋コンクリート造(耐火構造)6階建
建物面積 3598,593平方メートル
建築面積 644,735平方メートル
URL http://www.onabegeka.com

施設基準

設基準とは、医療法で定める医療機関及び医師等の基準の他に、健康保険法等の規定に基づき厚生労働大臣が定めた、保険診療の一部について、医療機関の機能や設備、診療体制等の基準を定めることにより、病院において、安全面やサービス面等を評価したものです。

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定病院
  • 生活保護指定病院
  • 被爆者一般疾病医療機関
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
  • 病院群輪番制病院

基本診療料

  • 障害者施設等入院基本料(10対1入院基本料)
  • 療養病棟入院基本料1
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 超重症児(者)入院診療加算・準重症児(者)入院診療加算
  • 看護補助加算(特定入院基本料を算定するものを除く)
  • 重症皮膚潰瘍管理加算
  • 入退院支援加算2
  • 認知症ケア加算2

特掲診療

  • 人工腎臓 慢性維持透析を行った場合1
  • 導入期加算1
  • 慢性維持透析濾過加算
  • 透析液水質確保加算
  • CT撮影(マルチスライスCT・4列以上16列未満)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん治療連携指導料
  • 電子的診療情報評価料
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 薬剤管理指導料

食事療養費

  • 入院時食事療養(Ⅰ)

保険外併用療養費

  • 特別の療養環境の提供

がん治療連携病院

  • 広島大学病院
  • 県立広島病院
  • 広島市民病院
  • 広島赤十字・原爆病院

救急搬送患者連携病院

  • 広島大学病院
  • 県立広島病院
  • 広島市民病院
  • 広島赤十字・原爆病院

組織図